バナナマフィンの簡単&失敗ナシレシピ

ブルーライトカット効果があるPCソフトはコレ!簡単・無料に軽減しよう

f.lux_画面

パソコンやスマホのディスプレイから発せられる「ブルーライト」。
目の疲れだけでなく、睡眠にとっても悪影響を及ぼすとされています。

軽減方法としては、ブルーライトカットメガネをかける、ブルーライトカットフィルムを貼る、などといった方法があります。
iPhone(iOS)ではブルーライトを減らす機能が搭載されているようですが、パソコンやその他のスマホでも無料で試したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、パソコンで私が使っている、おすすめ・無料のブルーライト対策ソフトをご紹介します。

ブルーライトカットできるPCソフト「f.lux」(フラックス)

f.lux

色温度の調整でブルーライト対策

MEMO
ブルーライト対策ソフト「f.lux
対応:Windows、Mac、Linux、iPhone/iPad、Android

光の色を表すための尺度として「色温度」というものがあります。
単位はK(ケルビン)。
色温度は、高いと画面上の白い色が青みを帯び、ブルーライトの量が増えます。
低いと赤みを帯び、ブルーライトの量が減ります。

f.luxは、色温度を調節することでブルーライトの量を減少させるソフトです。

こうやって言うと「難しそう」と思う方がいるかもしれませんが、操作はとても簡単です!

「f.lux」のダウンロードと設定の仕方

以下はWindowsでの説明です。

f.luxのサイトにアクセスして「Download f.lux」ボタンからソフトをダウンロードします。

ダウンロードした「flux-setup.exe」をダブルクリックして実行し、利用規約に同意すればインストール完了。

設定の仕方です。
最初からおすすめの色温度になっており、時間の経過とともに変化していくので、変更しなくてもOKです。

初めに、タスクバーにある「f.lux」のアイコンをクリックします。
左上の「三」(メニュー)ボタン>「Adjust day and night colors together… 」
Daytime(昼)とIt’s nighttime(夜)とBedtime(寝る前)の「〇」を左右にスライドさせ、色温度を調節します。
昼から夜、寝る前の時間へ移るときに自動的に色温度も変化します。

f.lux_色温度の調節

f.lux_色温度

設定が済んだら左上の「く」(戻る)ボタンをクリックして終了です。

ブルーライトカットソフト「f.lux」のちょっと便利な使い方

ブルーライトを常時カットするだけでなく、便利な使い方もあります。

一時的に機能を止めたい場合

メニューにある「Disable」「for an hour」にチェックを入れると、一時間機能が停止されます。
チェックを外せば、またブルーライト軽減機能がかかります。

f.lux_一時間機能停止

また、他のアプリケーションを起動中、そのアプリでの作業時に機能を停止することもできます。
以下の写真の例では、「サクラエディタ」を起動中に外す、という設定をしています。

f.lux_アプリ起動中

特殊なモードの設定も。映画を観るときにオススメのモードなど

メニューにある「Effects and extra colors」からシチュエーションにあわせたモードを選択することができます。
例えば「Movie Mode」は映画を観ている時間(2時間半)、適した色温度にしてくれます。

f.lux_ムービーモード

ちなみに、その下の「Darkroom Mode」は元の色がわからないくらいに変更が入ります。
超やばい。
究極のブルーライト対策な感じです。びっくりするかも!
お試しください。

昼から夜への変化をゆっくりにしたい場合

メニューにある「Options and Smart lighting…」「How quickly~」の設定で、昼から夜への色温度の変更スピードを3段階で変えられます。

f.lux_変化をゆっくりさせる

昼と夜で設定内容の差が大きいと画面が一気に暗くなる(または明るくなる)ので、その場合はSlowを選ぶと良いと思います。

まとめ

ブルーライトカットメガネは使ったことがないので比較はできませんが、無料のソフトやアプリは手軽に使えるところが良いですよね。
目が疲れる方にオススメです!

▼美容やファッションに関する記事はこちらからもどうぞ(にほんブログ村テーマ)。
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です