バナナマフィンの簡単&失敗ナシレシピ

【銘菓】静岡・掛川名物「丁葛」。味わい色々、寒い冬に飲みたくなる伝統のくず湯♪

丁葛3種入り

寒い日に飲みたくなる「くず湯」。
優しい風味でほっとしますし、体の芯まで温めてくれますよね。
先日、静岡県掛川にある桂花園の銘菓「丁葛(ちょうくず)」のセットをいただきました。
たくさんの味があり、とてもおいしかったので紹介します!

掛川・桂花園の「丁葛(ちょうくず)」とは?

丁葛パッケージ

江戸時代より続く掛川の老舗、桂花園(けいかえん)のくず湯のこと。

掛川では明治の頃まで葛の繊維から葛布が織られ、葛の根は粉にして四角に固められ、軒先に吊るし干されていました。
この形から豆腐のように一丁、二丁と数えられ、丁葛と呼ばれるようになったそうです。

桂花園
住所:静岡県掛川市仁藤町10-1
電話:0537-22-2607
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:水曜日
※公式ホームページが見つからなかったので、「食べログ」のページをご案内します。
桂花園 – 掛川/和菓子 [食べログ]

MAP

丁葛は味わい色々、13種類

丁葛中身

いただいたのは、3色15本のセットで、味はくずゆ(プレーン)、くず茶、しょうが葛湯です。

この他にも以下の10色、全部で13色の味があります(2018年12月現在)。

  • 葛汁粉
  • ゆず
  • ココア
  • ウコン
  • 高麗人参
  • 冬虫夏草
  • アロエ
  • すっぽん
  • 純金入り
  • コラーゲン入り

ココア味は牛乳で溶いてもおいしいそうです。
バラエティに富んでいるので、贈り物に、おみやげに、各種詰め合わせも良さそうですね!

残念ながら、通販でのお取り寄せは、Amazonでは取り扱いナシ……。

丁葛のあたたまる伝統の味わい

プレーンな“くずゆ”を味わってみました。

丁葛のくず湯

封を開けるとそのまま葛粉が入っています。
カップに移し、熱湯を注いで手早く混ぜ、いただきます。

丁葛飲んでみた

写真でうまくお伝え出来ないのが残念ですが、ツヤツヤしていてとろみもしっかりあります。
このとろみがあることで冷めにくく体も温まるそう。
優しい甘さでとてもおいしかったです。

銘菓には歴史やその土地の柄などが感じられて良いですよね。
いつか日本全国の銘菓を食べつくしたいです!

▼ほっとできるおうちカフェ、贈り物、銘菓に関する記事はこちらもどうぞ。
にほんブログ村テーマ おうちカフェを楽しもうへ
おうちカフェを楽しもう
うれしい!たのしい!・・・贈り物♪
みーつけた!旅行のお土産。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です