ただいまはてなブログからサイト移行中です。

【無印良品】デジタル温湿度計がシンプルで見やすい!暮らしに役立つポイント満載

無印温湿度計をリビングに配置

体の健康のためには、普段から室内の温度・湿度に気を配ることが大切ですよね。
そのための指標として、我が家では無印良品の「デジタル温湿度計」が大活躍しています。

この記事では、「デジタル温湿度計」のお役立ちポイントを紹介します。

無印良品のデジタル温湿度計

無印良品の温湿度計

デジタル温湿度計 ホワイト/型番:MJ‐DTHW1
電源:ボタン電池(CR2032)×1個使用(付属) 精度(誤差):温度±2℃、湿度±8% スタンド(付属)

無印良品のデジタル温湿度計は、上下左右、どの角度からでも見やすい液晶表示が特徴のデザインです。
無印良品らしいシンプルさですよね。
カラーはホワイトとブラックの2色。

置いて使う
付属のスタンドを差し込むことで、置き型として使えます。

無印温湿度計は立てて使える

スタンドには滑り止めつき。
揺れても倒れづらくなっています。

無印温湿度計の滑り止め

掛けて使う
また、フックを裏面の壁掛け穴に引っ掛けることにより、掛け型としてもOK。
色々な場所に設置出来て便利です。

無印温湿度計のフック

温湿度計の設置場所には注意が必要

設置場所については注意が必要。
説明書には、“空気が循環する場所に設置するように”との注意書きがあります。

空気の流れがない場所に設置すると、表示が変わるまでに時間がかかるそうです。

また、以下の場所も精度不良の原因になるそう。

  • 温度が-10℃以下になるところ
  • 温度が50℃以上になるところ
  • 浴室など湿気の多いところ
  • 直射日光の当たる場所
  • 冷暖房器具、加湿器・除湿器など熱風や火気の近く

我が家では過ごす時間が長い、リビングの一角に置いています。

無印良品のデジタル温湿度計、おすすめポイント

無印温湿度計をリビングに配置

まずはシンプルなデザインです。
変に主張しないので、お部屋になじみます。
画面表示についても、温度と湿度を知ることに特化しているので、とてもシンプル。

文字も大きく見やすいです。
目が悪いのでお役立ち(笑)。

ボタン電池がひとつ付属しているので、すぐに使えるところも良いですね◎

お値段が税込3,500円(2019年1月現在)と高めなのが少々ネックですが、毎日大活躍中。
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。


デジタル温湿度計/ホワイト/型番:MJ‐DTHW1





あわせて読みたい
おうちでできる簡単な加湿方法についてまとめています。
加湿方法 湿度計加湿方法7つまとめ!お部屋も人も簡単に家にあるもので乾燥対策ができます!

▼おすすめの無印良品アイテムに関する記事はこちらからどうぞ。
にほんブログ村テーマ 無印良品 オススメのモノ~ ♪♪へ
無印良品 オススメのモノ~ ♪♪
やっぱり好き MUJI 無印良品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です