バナナマフィンの簡単&失敗ナシレシピ

スニーカーを長持ちさせるコツを解説。靴屋さん直伝・長く履くためのお手入れ方法とは?

スニーカーを長持ちさせるコツ

お気に入りのスニーカーが破損し、新しいものを購入しました。
今度こそ長く履きたい!
そこで、靴を長持ちさせるために、靴屋の店員さんに基本的なお手入れ方法を聞いてきました。

3つに分けて解説しています。
  • スニーカーを購入した後に最初にしておくと良いこと
  • 普段のお手入れ方法
  • スニーカーを履く頻度

スニーカーを購入して最初にしておくと良いこと

スニーカーって、内側の履き口部分が破れやすいですよね。
クッション材のスポンジが露出したり。
一か所ダメになると、他のところにもダメージがある可能性があります。

ダメージを蓄積させないためには、購入後から正しいお手入れをすることが大切です。

まずは、購入して最初にしておくと良いことについてです。

スニーカーは何といっても汚れや浸水が大敵。
私の場合は破損でしたが、汚れや浸水によって破損につながることもあります。
汚れにくいようにする必要があります。
それには、防水スプレーを使います。

スニーカー防水スプレーと消臭スプレー

ブラシなどで軽くホコリを取り、防水スプレーをまんべんなくかけます。
必ず、風通しの良い屋外で行いましょう。

その後、直射日光を避けてしっかり乾かします。
これで使い始めるときの準備はOK。

スニーカーの普段のお手入れ方法3つ

普段履くときに気を付けるポイントは3点です。

スニーカーを履くときは靴ベラを使う

えっ、スニーカーに靴ベラ
と思った方もいらっしゃると思います。

実は、靴ベラを使わず、そのまま足を強く押し込むと、内側の履き口部分の劣化が早まるそうです。
踵を踏みつけるのも同様。
今まであまり靴ベラを使ってこなかったという方は、ぜひ使ってみてください。

除菌・消臭・除湿をする

足裏は体の中でも汗腺が集中している部位。
そのうえスニーカーは歩きやすい靴なので、汗を多くかいて蒸れてきます。

履いた後の靴の中は衛生環境が悪化していて、菌が繁殖しやすい状態に……!
菌が増えると、靴の劣化も早めてしまいます。

そのため、履いた後はすぐに靴箱に入れずにスニーカー用の除菌・消臭スプレーなどを使うと、菌の繁殖を抑えて劣化が防げるそうです。

その後は一晩しっかり乾燥。
立てかけるようにすると乾燥しやすいです。

我が家ではホーキンスのスプレーを使っています。
靴屋さんのレジ横によく置いてあります。

人気の消臭スプレーを見る
【楽天市場】靴 消臭スプレーの通販

水での丸洗いは避ける

素材ごとに異なりますが、ナイロン・キャンバス生地以外は水で丸洗いしないほうが良いそうです。
コンバースなどは洗いに向いています。

タワシなどの硬いブラシでゴシゴシ洗うこともNG(アクリル毛糸のタワシは表面を傷つけないので大丈夫です)。

汚れが気になるときは、洗剤を含ませたボロ布で拭き取る。
それでもダメなら、靴用クリーナーを使うと良いとのことでした。

スニーカークリーナー JASON MARKK ESSENTIAL KIT ジェイソンマーク エッセンシャル キット あらゆる素材に対応可能なクリーナー

スニーカーを履く頻度にも注意

中をよく乾燥させるためにも、毎日同じものを履くのは良くありません。
それに、ソール部分もすぐにすり減ってしまいます。
ソール部分が破損して水が染み込むこともありますからね。

そのため、同じスニーカーを履くのはできれば3日に1回程度が良いそうです。
3足あると、ローテーションさせて履くのに良いですよ。

長く履き続けるために、正しいお手入れを続けていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です